「いやだ!こんなに長い文書けないもん!書かない!やだ!」

なんて、教室で言われてしまうことがあります。

そういう時、私は無理に書かせたりはしません。

「じゃあこっちの短い文書いてみてー」

と言ってみたり、

「じゃあクロスワードパズルする?」

なんて言ってみたり。

「えー、でも○○ちゃんの書く作文読みたいのになー」

と残念な気持ちだけ伝えてみたり。

 

でも、長い文章にも向き合えるよう、ちょっとした工夫もしていまして。

小学生でよく使っているテキストに一工夫して、

長い文章のページも取り組まないと、

あるお楽しみが完成しないようにしています。笑

 

するといやいやながらも、みんな書き始めます。

「一行で終わりでもいい?」とか言いながら、とりあえずえんぴつを持ちます。

そして書き始めると、なぜかだんだん楽しくなってくるようで…

ガンガン書いちゃう!!!

考えだすと、アレもコレも書きたくなってきちゃうよね!

 

生徒が少しでも楽しく文章に向き合えるよう、

工夫を重ねる毎日です。