日本語の文章に必ずあるもの。

それは 述語 です。

述語というのは「どうした」「何だ」にあたる部分のことです。
日本語の文章は、ほとんどがこの述語で終わるようにできています。
「どうした?」「何なの?」を一番最後に言うのが、日本語の特徴なんです。
例えば

私はケーキを食べた。

この文章を文節で切ると

私は/ケーキを/食べた。
この中で「どうした」「何だ」にあたる部分は…

食べた。

ですね!
この文章の述語は、「食べた」となります。

この述語は、主語と深い関係があるんです!
この話は、またの機会に。